ヨーグルトの食べ過ぎで便秘に?

善玉を増やすヨーグルトが・・。

乳酸菌を多分に含むヨーグルトは便秘を解消する効果を持っています。それは腸内環境を整えるため、善玉菌を増やして整腸作用を促すからです。

便秘を解消するだけでなく、代謝がよくなることでダイエットにも繋がることがあります。食べるのに適したタイミングは食後。胃酸の濃度が薄くなった時に乳酸菌を摂取することで腸にまで乳酸菌を送り届けることが出来ます。

ですが食べ過ぎはよくありません。改善できるどころか、お腹を痛めてしまったり太ってしまうこともあるのです。一体どうして良くないのでしょうか?

良い摂取方法は?

ヨーグルトの食べ過ぎは便秘を引き起こすことがあります。 市販のものには十分な効果を得られる量の乳酸菌が含まれていないと聞いたことのある人もいるかもしれませんが、 だからと言ってもっと量を増やせばいいと言うことはありません。

原因は、身体を冷やす陰性食品だからです。食べ過ぎることによって冷やされた腸が運動機能の低下を引き起こし、やがて原因となると言われています。

治すには、適度な運動をして適切な量の食物繊維と乳酸菌を摂取しましょう。くれぐれも便秘を治すことに夢中になりすぎて、食べ過ぎて負のスパイラルに陥らないように注意してくださいね。