腹痛の原因は実は・・

過剰摂取が原因?

ヨーグルトは大好き、でも食べると腹痛になってしまう。そんな悩みを抱えている方が少なからずいらっしゃるかと思います。

牛乳では乳糖を分解できずに腹痛になることもあるようですが、同じようなことが起こることがあるのでしょうか? 結論から言えば、あります。

ですがそれは牛乳のように何かを分解できないからというわけではなく、”食べ過ぎ”による過剰摂取が元となることが多いです。乳酸菌が身体に良いという話はよく聞かれる話だと思いますが、ではどうしてでしょうか?

腸内の覇権争い

腸内では善玉菌と悪玉菌が絶えず戦っています。この戦い最中、過剰摂取によって善玉菌に大量の援軍である乳酸菌が到着すると膠着状態が一気に崩れ、腸内のバランスが一気に崩れてしまいます。

これが腹痛のメカニズムです。このタイプ方は食べ過ぎに気をつけてください。他にも、自分の腸内の状態と乳製品に含まれる乳酸菌の型が合わずになることもあるようです。

こちらのタイプへの対処法は、購入時にヨーグルトの種類を調べること、それと腹痛を覚悟で長期的に食べ過ぎに注意ことです。以上の二つを守れば不調は止まるはずです。 ヨーグルトを食べたいけど腹痛になりたくない、そんな人はこれらのことに注意しながらゆっくり楽しみましょう。