ヨーグルトのせいでガスが溜まる人へ

整腸作用との関係は?

ヨーグルトを食べるとお腹が張ってガスが溜まりやすくなった。そんな方、多いのではないでしょうか?乳酸菌には整腸作用があるのでガスが出やすくなるのは当たり前だ、と思われがちですが、実はそれだけが原因ではないのです。

その原因は、ずばり食べ過ぎ。摂取するだけで溜まりやすくなるなんてことはそれほどありません。むしろお腹の調子を良くする食べ物です。

では、食べ過ぎでガスが溜まりやすくなるプロセスは一体どのようなものなのでしょうか?今回はお腹に溜まりやすくなってしまう二つの要因を考えましょう。

食べる量と空気に注意

ヨーグルトの食べ過ぎると、まず乳酸菌のせいでガスが出ます。これは乳酸菌の過剰摂取による異常発酵のため発生し、おならも頻繁に出るようになってしまいます。

もう一つは、食べる時に空気を多く含んでしまうことで溜まります。お腹に溜まる原因が空気にあることは、主成分を見ても一目でわかります。実はこれも食べ過ぎに関係しています。

ですの食べる時には一回の量を減らしてゆっくりと食べることで、乳酸菌の過剰摂取を抑えながらも空気を飲んでしまうことを防ぐことが出来ます。もちろん体質からも影響を受けますが、やはりの過剰摂取に注意したほうが良いでしょう。