腸内環境の変化と体臭

どうすれば体臭が変る?

体臭の原因は体外にあるものばかりではありません。むしろ体内環境が影響を与えることが多いです。

腸内環境の悪化もその一つ。 悪玉菌が増えてしまうとアンモニアや硫化水素など、原因となる物質が発生します。

すると必然、おならは臭くなってしまいます。 そのおならを我慢すると、毛穴を通してにおい成分が体外に放出されます。

そのせいで悪化してしまうのです。それでは腸内環境を整えるための方策は?有効な食べ物にヨーグルトが挙げられます。

乳酸菌と体臭

ヨーグルトを食べることで乳酸菌を摂取でき、乳酸菌のおかげで善玉菌が増え、善玉菌のおかげで腸内環境が整います。

適量を摂取し続けることで腸内の善玉菌を増やすことが出来るので、結果的に体臭を抑えることが出来ます。

ただ、やはり食べ過ぎには注意が必要です。どんな食品にも言えることですが、一つの物を過剰摂取すると栄養バランスが崩れることとなり、逆効果となることもあります。

例えばにヨーグルトだけを食べ続けたとすると、食べ過ぎによって栄養が偏って代謝が悪くなり、体臭がきつくなってしまう可能性も考えられます。

薬も過ぎれば毒となる、ということわざの通り、食べ過ぎには注意して腸内環境を整えましょう。